外壁塗装の信用情報の確認は事業所の会社訪問から

会社訪問

名刺に書かれている事業所の住所を確認することはとても重要です。

 

実際に事業所を訪れて見るのは楽にできることではありません。

 

ですが、ちょっとした用事を見つけて担当者を訪ねて見ることで、貴重な情報を得ることができます。

 

100万円位の工事を発注するのですから、こういった確認をするのも良いでしょう。

 

「私は今度、外壁の塗装の見積もりをしてもらうことになった◎◎と申しますが、近くに来たのでちょっと寄らしてもらいました。営業の○○さんはいらっしゃいますか?」

 

こんな感じで訪問してみるのが良いでしょう。

 

偵察できますね。

 

会社の規模がわかります。

 

最初から、ひとり親方だということが分かっている場合は構いませんが、塗装専門店として店構えがあるという前提なら、確認は必要です。

 

塗装店の社長がいたらどんな社長かもわかります。

 

どんな雰囲気の会社かもわかります。

 

事務所に入ってみると応対や社員さんの雰囲気で十分にその会社の経営状況がわかるものです。

 

事務所の雰囲気はどうですか?

 

取引先など、来客は多そうでしたか。

 

他の従業員の雰囲気も分かります。

 

社長が若い会社か、それとも老舗かどうかも分かります。

 

基本的なことなのですが情報がほとんどないということが問題です。

 

訪問営業の場合は情報はほとんどありません。

 

ですから取引するなら十分な情報を知る必要があります。

 

それほどまでして取引する必要もありませんので基本的に私は最初から無理ですね。